一押しコース

ベーシック・ドローン検定操縦士コース

121,800円(2日間)

ドローン航空学校横浜校

概要

ドローン検定協会が主催する検定3級の知識を身につけてもらい、ドローンを安全に操縦するところまでレクチャー致します。

ベーシック・ドローン検定操縦士コースは座学ドローン検定3級コースと基礎技能操縦士コースを組み合わせたものです。

基礎技能操縦士コースはドローン検定4級以上の資格を有していないと受講出来ません。

座学ドローン検定3級コースはテキストや検定料も含まれておりますので丁寧に講義し、受講された暁には必ず3級の資格を付与いたしますので、受験するよりも効率的に資格を取得することができます。

座学では基礎知識、機体の動き、機体にかかる力、飛行原理、気象と風、機体の構造、姿勢制御とセンサー、送信機、バッテリー、ブレードの回転、基礎力学、単位、操縦者の責任、賠償保険と機体の保険、マルチコプターの飛行、トラブル予測、フライトプラン、航空法、電波法、小型無人機等飛行禁止法について学びます。

基礎技能講習は、最初はシミュレータにてスティック操作の練習から、四角の動き、円の動き、8の字の動きの練習を経て、ローターが故障した例や安定装置がない状態でのフレア操作を行い、模擬飛行によってコースを飛行させます。

シミュレータで充分な操作を終えたら、実機(MavicMini)にて飛行実演習を行い、修了試験となります。

免許を取得するメリット

  • ドローンの基礎知識
  • ドローンの構造
  • ドローンの飛行方法
  • ドローンに関連する法律等

以上の知識を身につけることが出来て、ドローン飛行に関して国への許可・承認を簡素化することが出来ます。

こんな方にオススメ

  • ドローンによる撮影を行いたい方
  • ドローンによる測量を行いたい方
  • ドローンによる点検、管理を行いたい方
  • ドローンによる輸送を行いたい方
  • ドローンレースに参加したい方
  • 災害、救助においてドローンを活用したい方
  • ドローンよる農薬散布を行いたい方
  • 防犯においてドローンを活用したい方
  • ドローンを使ってパフォーマンスをやりたい方

 

ベーシック・ドローン検定操縦士コースの流れ

ドローン免許取得

1.標準テキストにて座学

基礎知識からドローンの構造、飛行に関する注意、法律まで教本を主体にレクチャー致します。(4時間)

ドローン免許取得

2.シミュレータ訓練

スティック操作、舵の種類を学びながら、危険回避する操縦を基本に訓練して頂きます。(9時間)

ドローン免許取得

3.主に画面を見ての座学

実機を飛行させるにあたり、必要な知識をレクチャー致します。(30分)

ドローン免許取得

4.実機訓練、修了試験

座学、シミュレータで学んだ事を実機にて体感して頂き、注意点を確認しながら、修了のみきわめを行います。(1時間)

 

ベーシックドローン検定操縦士コースに関する質問

お客様からよくいただくベーシック・ドローン検定操縦士コースに関する質問ですのでぜひ一度お読みください。

ご不明な点がある方はお問い合わせよりお願いいたします。


操縦士を取得し、国から許可・承認を得たとしても、どこでも飛行できるわけではありません。ドローンに関する法律は細かく取り決めがされております。資格ある知識ある者が許可・承認の申請をすれば、日本のすべての場所において飛行させることが可能になってくることが多いです。


修了試験が不合格の場合は再受講となりますが、途中で投げ出さない限りは当方も最後までレクチャしますので今までで不合格になった実績はありません。


ドローン検定で認定する操縦士等の資格は有効期限がありません。

 

その他コース解説

基礎技能操縦士コース
(ドローン検定4級以上取得者のみ)

¥99,800(2日間)

シミュレータを約9時間、座学2を1時限、実機を約1時間のメニューを受講してもらい最後に修了試験を行います。

 

夜間飛行コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)

¥40,800(1時限)

実機のみの講習を行い、それぞれの応用資格を認定します。

夜間飛行コースは実機(MavicPro)にて明所や暗所の違いを経験してもらい、主に暗所での操作や注意点を学んで頂きます。

 

目視外コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)

¥40,800(1時限)

 

実機のみの講習を行い、それぞれの応用資格を認定します。

目視外コースは実機(MavicPro)にてドローンのモニターのみを使って操縦してもらい、注意点や難しさを学んで頂きます。

 

物件投下コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)

¥40,800(1時限)

実機のみの講習を行い、それぞれの応用資格を認定します。
物件投下コースは(MavicPro)にて物件を輸送した際の機体の動きや投下する際の動き、注意点を学んで頂きます。

 

座学ドローン検定3級コース
(テキスト・検定料含む)

¥24,000(4時間)


ドローン検定の教本を基本に3級相当の知識を学んで頂き、ドローン検定3級の資格を付与します。

 

座学ドローン検定3級コース
(検定なし)

¥16,000(4時間)

ドローン検定の教本を基本に3級相当の知識を学んで頂きます。資格は付与されません。

 

催事上空・目視外・制限表面・物件落下・危険物輸送座学コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)

¥40,800(4時限)

催事上空・目視外・制限表面・物件落下・危険物輸送座学コースは座学にて講習を行うため、実機の講習はありません。

各4つのコースはセットになっており、イベントや縁日等の催し物を行っている場合の上空を飛行させる場合の許可や注意点、国の重要施設や空港等周辺等を飛行させる場合の許可や注意点、対地高度150m以上を飛行させる場合の許可や注意点、農薬等の危険物を輸送させる場合の許可や注意点を学んで頂きます。

 

コース表

下記すべてのコーズは、税別表記になります。

料金
・ベーシックドローン検定操縦士コース ¥121,800
(2日間)
・基礎技能操縦士コース
(ドローン検定4級以上取得者のみ)
¥99,800
(2日間)
・夜間飛行コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)
¥40,800
(1時限)
・目視外コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)
¥40,800
(1時限)
・物件投下コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)
¥40,800
(1時限)
・催事上空・目視外・制限表面・物件落下・危険物輸送座学コース
(ドローン検定操縦士取得者のみ)
¥40,800
(4時限)
・座学ドローン検定3級コース
(テキスト・検定料含む)
¥24,000
(4時間)
・座学ドローン検定3級コース(検定なし) ¥16,000
(4時間)